お墓にするか納骨堂にするかで迷っている方が知っておくべきこと

管理の問題を解決する

高齢化が進む日本で深刻な問題となっているのが、お墓の管理です。管理をしていた人の多くは既に高齢者になっているんです。そんな問題を解決してくれるのが、納骨堂への移送です。納骨堂への改葬を視野に入れて考えるようにしましょう。

funeral

将来を見据えて考える

好立地・好環境、都内でも有数の三田の納骨堂ならこちらです。見学は年中可能です、忙しくなる前にサイトから予約しておきましょう。

年齢を重ねてくると、両親が亡くなったときのことも考えておく必要があります。そのときに一番大きな問題となるのが、お墓にするか納骨堂にするかではないでしょうか。昔は当然のようにお墓を選ぶことが多かったのですが、近年では納骨堂を選択する人も増えてきています。さまざまなことを考慮して慎重に選ぶ必要があるでしょう。
近年になって納骨堂が選ばれている背景には少子化や核家族化といったものがあります。お墓は、一度立てると受け継いでいく必要があります。ですが、少子化や核家族化が進む近年では、お墓を受け継いでいくことが非常に困難になっているんです。また、子供がいたとしても、お墓を残すことで、負担をかけるのではないかという思いを持つ人も多くいます。そんな事情もあり、受け継ぐ人がいなくても申し込むことができる納骨堂が多くの人に選ばれているんです。
また、お墓に対する意識の変化も大きいと考えられます。昔であれば、家族が亡くなったら必ずお墓を立てなくてはいけないという風潮がありました。ですが、今の社会ではそのような風潮が社会にはなく選択肢が増えているんです。家族を思う気持ちがあれば、納骨堂という形であっても問題はないと多くの人が感じているんです。
将来のことを見据えてお墓か納骨堂で迷っている方は、今の時代に合わせて納骨堂を選択するのもいいでしょう。亡くなった方への思いも大事ですのが、生きていく家族の負担になっては意味がありません。冷静に考えて答えを出しましょう。

具体的に改善されること

納骨堂はお墓とは違い管理そのものがほとんど必要なくなります。さまざまなメリットがあります。今はまだ体が丈夫でお墓の管理に問題がなくても将来的には考える必要があります。そのときのために、頭の片隅にでも置いておきましょう。

価格について知っておく

お墓を選ぶ人よりも、納骨堂を選ぶ人が増えているのには、やはり経済的な理由が大きく絡んでいるでしょう。大事な家族を弔うのであれば、少しでも費用をかけたいと思うでしょう。でも現実的に考えると納骨堂の利用を選ぶのがいいでしょう