お墓にするか納骨堂にするかで迷っている方が知っておくべきこと

価格について知っておく

ここ数年、お墓を選ぶ人よりも、納骨堂を選ぶ人が増えているのには、やはり経済的な理由が大きく絡んでいるでしょう。もし両親が亡くなったときに、立派なお墓を立ててあげたいという気持ちがあっても、実際にその思いを形にするだけのお金はないはずです。亡くなっていく方も、自分で立派なお墓を立てるだけのお金を残すことできないはずです。長引く不況が、お墓に比べて費用を抑えてことができる納骨堂の利用者を増やしているんです。では、具体的にお墓と納骨堂の費用の差はどれくらいなのでしょうか。
お墓は、立てる場所、墓石のグレードによって大きく変わってきます。ですが、相場としては、最低でも200万円から300万円はかかるといわれています。土地代や墓石代の他にも、工事費、永代使用料などが必要となるので、これだけ高額になってしまうんです。もちろん、都心の霊園などになれば、この倍の費用がかかることも珍しくありません。それだけ、お墓は高くつくということなんです。
納骨堂でもグレードの高いものであれば、100万円以上のものもあります。ですが、相場は30万円から50万円程度です。実にお墓の七分の一の費用に抑えることができるんです。ここにはメンテナンス費用なども含まれています。ですから、その後に余分に費用がかかることもないんです。
大事な家族を弔うのであれば、少しでも費用をかけてあげたいという思いはあるでしょう。ですが、現実的なことを考えると納骨堂の利用を選ぶのがいいでしょう。